2016年01月31日

祝勝会

昨年の体操世界選手権で優勝した日本チ-ムのメンバーのひとり、萱和磨くん(写真中央)。高校体操部のOB会(新年会)を兼ねた祝勝会がありました。右側は中川くん。ジュニアの世界大会で優勝しました。今年はオリンピックです。運も味方してくれなければオリンピックにも行けるかもです・・怪我をしないよう頑張って欲しいものです。頑張れ!

祝勝会.JPG

こちらは『かなちゃん』。小学2年生から練習を見ていた子です。昨年高校を卒業し時々指導を手伝ってくれています。今回も練習のあと一緒に会場に行きました。また、練習見てね!

かなちゃん.JPG
posted by くま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 嬉しいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

ファイル(三咲の家)

昨日、工事費の最終確認をしていただきました。2月半ばに工事契約、その後地鎮祭をとりおこない、着工という運びになりました。

ファイル.JPG

今日、監理用のファイルを造りました。同時期に進行する案件のファイルと取り違うことの無いよう、3色をローテーションしています。今回は青です!見積書、採用している機器のカタログコピー、設計中に気がついた『注意事項メモ』など挟んで持ち歩きます。今後、施工用の図面など追加されていくとだんだん重くなってゆきます。8月中の竣工を目指しています。
posted by くま at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

外観(三咲の家)

外観パースが完成しました。

南側(絵で言うと左側)にお隣の家があります。お隣の屋根越しに陽を受けられるよう、南側を高くした片流れの屋根形状となっています。絵では見えませんが壁の高い部分に窓があり、冬でも午後から日差しを受けられるようになっています。

三咲の家・外観パース.jpg

東側(絵で言うと大きな窓が見えている面)からは午前中の日差しを受けられるよう計画しています。中央のベランダの奥は中庭です。格子と穴あきブロックの組み合わせで見えるような隠しているような・・プライバシーの確保と防犯を両立しています。花の咲く木を植え、家のどこからでも自然を感じられるよう配慮しました。

来月中に工事契約・着工を目指しています。久しぶりのSE構法の住宅です。楽しみです!
posted by くま at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

床暖房(古和釜の家)

フローリングを貼るための根太(角材)を一定の間隔に設置したあと、先ずは断熱材を置いて、その上に床暖房の発熱シートと蓄熱材の敷設をしています。予算と床暖房のこだわりなど建て主さんの要望に応じて厚いもの(蓄熱量が多いが値段が高い)や薄いもの(蓄熱量は少なく値段が安いが温まるのが早い)を使い分けています。今回は厚いタイプを使用しています。

床暖房.JPG

2階の台形窓が付きました。お隣の窓より高い位置に計画しましたのでお互い気にせず生活できます。また、冬の間は長時間西日を受けられるようになっています。これで断熱材が入ると温かく過ごすことができそうです。

台形窓.JPG
posted by くま at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

パース(三咲の家)

パース作成中。下書き出来ました。今回、複雑な形状をした建物で珍しく模型も造ったのですが、やはり絵のほうがイメ-ジをつかみやすいですね。

三咲の家・下描き.jpg
posted by くま at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

定例(古和釜の家)

今日から電気屋さんが入るので定例の打ち合わせを前倒ししました。電気配線、エアコン配管、換気扇の配管など打ち合わせ事項が多く時間がかかりました。今週は大工さんと電気屋さんで現場が賑わいます。

1階のフローリング.JPG

写真は和室に広げられたフローリングです。箱から出し、梱包を解いてある程度狂わせてから床に張っていったほうがよく馴染みます。木曜日に床暖房の敷設を行った後、張り付ける作業に入れます。

階段.JPG

階段の段板も搬入されました。無垢のチークにナラ材のノンスリップを埋め込んでいます。床がチーク、建具がナラ材なので同じ組み合わせを色々な部材に反映させています。来週中には階段も工事完了となるので2月7日の見学会の際には安全な状態で2階に上がっていただけます。
posted by くま at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

その後

最近は現場にママチャリで行くのですが、今日は西船橋の民間検査機関まで遠出しました。『三咲の家』の確認済証を受け取り、せっかくなので帰りに『船橋の家』に寄ってみました。引き渡してそろそろ1年。定期点検の時期が近づいてきました。年賀状にはちょっと嬉しいことも書いてありました。

陽当り.JPG

11時。あとすこしで居間の高窓に日が差しそうです。一番寒いこの時期でも1階に陽が差すよう計画しました。工事が始まり間もなく南側の家が建て替えをしました。想定外でしたが陽当りという点では大きなマイナスにはなりませんでした。写真で分かるとおり2階、3階には陽が差しています。午前中に出来るだけ部屋を温めようと窓を大きくしました。現在工事中の『古和釜の家』、今日確認済証を受け取った『三咲の家』も日影図による日差しの検討をしました。完成後の検証も大切ですよね・・
posted by くま at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(船橋の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

定例打ち合わせ(古和釜の家)

定例打ち合わせでした。ほとんどのサッシが入り内装工事と外壁下地工事が同時に進んでいます。外壁は通気用の胴縁と言われる長細い部材を打ち付けています。45cm間隔に打ち付けた厚さ18mm程度の部材の外に外壁を貼ります。18mmの隙間を空気が通ることで建物を湿気から守ります。小生が設計を始めた頃にはあまりポピュラーな工法ではありませんでしたが、今は標準工法です。

内部はフローリングを貼り始めました。先ずは床暖房のない2階から。今週中には1階の床暖房の下地工事が進み、来週中にはフローリングが貼られると思います。今回はフローリングの隙間にパッキンを挟んでいません。きつく締め付けないようにするので経験的に大丈夫だとのこと・・議論しましたが、自信があるようなのでお任せしました。2月7日の構造見学会には全てのフローリングを貼り終え、窓や内部建具の枠材の施工が進んだ状態になっていると思います。興味のある方は是非見に来てください。

フローリング (1).JPG

フローリング (2).JPG
posted by くま at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

植木(高根台の家)

建物は引渡しを終え徐々に荷物の運び込みが進んでいるようです。今回は植木やさんの乗り込み初日に立会いました。土を入れる様子を確認し、今後の作業について打ち合わせをしました。帰り際、建て主さんに赤飯をいただきました。近所の和菓子屋さんが炊いたもので美味しかったです。帰路、気がついたのですが和菓子屋さんの前には行列が出来ていました。写真は帰宅後すぐに炊飯器に入れた様子です・・ごちそうさまでした

赤飯.JPG
posted by くま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(高根台の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

断熱・軒天井(古和釜の家)

現場が近いのでごみ捨てのついでに覗いてきました。今日は2階天井裏のセルロース断熱の施工をしていました。通気シートを貼りそこにセルロース(簡単に言うと新聞紙を粉砕したもの)を吹き込んでいきます。朝の段階ではシートを貼っていました。夕方にはシートがパンパンに張っているはずです。

セルロース断熱.JPG

大工さんは軒天井を貼っています。針葉樹合板を切りはめ込んでいましたが、よくぴったり合わせられたものだといつも大工さんには感心します。叩き込みながら隙間なく入っていきました・・

軒天井01.JPG

湾曲部分はクランプを使い押さえ込みながら釘を打って行きます。屋根板金の打ち合わせも済ませたのでこの後板金が仕上がるのも楽しみです。合板は白く染色する予定です。

軒天井02.JPG
posted by くま at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

床合板(古和釜の家)

雪が降っていました。定例は明日なんですがちょっと用があり現場へ行きました。床下コンクリートには断熱材が貼られ、1階床の下地合板も貼り始めていました。小生が設計を始めた頃は床の合板の裏側に直接断熱材を貼るのは一般的でしたが、最近はコンクリート基礎の上に直接貼る工法も増えてきました。それぞれに理由があるのですが、小生の場合は家全体を断熱材で包んだ方が熱を貯められる量が多く、また施工精度の高い基礎断熱を採用しています。

床の下地 (2).JPG

床の下地 (1).JPG

まだ、窓が入っていないため風が吹き抜けて寒い現場ですが、着実に進んでいます。2月7日に現場での構造見学会を予定しております。今回は10時から12時まで好きな時間に見学していただけます。ただし、説明が必要な方は事前に予約をしてください。説明付きの場合は9時から12時までの好きな時間帯を指定していただきメールにて予約をしたいただきます。1組30分程度を想定しております。

posted by くま at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

防蟻剤(古和釜の家)

年末年始を無事に過ごしました。『ゆっくり何もしない・まったりと』が苦手なので毎年苦慮しています。現場の方は5日から作業開始です。窓は来週現場に搬入されるため今週は天井下地や水道の配管等今の時点で出来ることをせっせと進めています。今日は土台周辺の防蟻剤噴霧を行っていました。

防蟻剤噴霧 (2).JPG

防蟻剤噴霧 (1).JPG

ホウ酸系のエコ防蟻剤なので作業する人もマスクをしていません。噴霧器で土台から1mの範囲をしっかり処理していました。補足ですが、土台にはヒノキ、柱には杉を使用しているので基本的には防蟻処理は不要なんです・・一応安心のため保険的に使っています。
posted by くま at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする