2016年02月29日

戸当りに!(古和釜の家)

先日紹介した『家』・・いくつか出来ました!初めは置物としてかわいいなぁと思っていましたがもっと違う使い方をしたくなりました。
戸当り (1).JPG

そしてこうなりました(^O^)!

戸当り (2).JPG

右の黒枠は現在の小生宅の引戸についている戸当りです。鴨居にあるストッパーと床につけた戸当り(黒枠)によって扉が止まります。それを小さな家にしたら面白そうですよね!煙突から小さな煙(ハンノキの実)が出ているのも良いかも!
posted by くま at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

家・家(古和釜の家)

段板に無垢のチークを採用しました。端材がもったいないので現場からもらってきました・・自分で煙突の穴を開けてから大工さんに切ってもらいました、そしてこうなりました!ほかの家も色を塗り試験管を刺す予定です。穴に合うサイズの試験管を探さなくては!

家.JPG
posted by くま at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

定例(古和釜の家)

火曜日に定例の打ち合わせをしました。バタバタしたためブログに書き込むのが遅くなりました・・屋根の破風板に板金を被せる工事が終わりました。

丸い屋根の破風板.JPG

軒先の板金(唐草)の折れ目と破風板を被せている板金の継ぎ目の位置を合わせているんです。きれいにできました。

外壁の一部が杉板になるのですが、角の役物(特殊な刻み方をした部材)が出来上がりました。見えなくなってしまう部分が大きく、刻んで捨てる部分も大きく・・日の目を見ることのできない部分達??ごめんなさい!

外壁の角.JPG

2階ホールの手摺が付きました。居間に面する吹き抜けなので奮発して無垢のナラ材を使用しています。手触りがよく、雰囲気も好きです。毎週日曜日は現場見学が出来るようになっています。希望の方はこちらから申し込みください

2階ホール手摺.JPG
posted by くま at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

障子を入れたい

数年前に耐震改修したのですが、昨年1月には外部階段の擁壁の改修を依頼され、今回は廊下の窓に障子をいれて欲しいと依頼を受けました。建具屋さんを紹介するので直接依頼してもらって良いのですが、設計者である小生の監理が有った方が楽で安心できると言うので・・先週小生だけで伺い、寸法を測り見積もりを提出し、本日建具屋さんと一緒に現場に確認をしました。

障子.JPG

築40年以上経っていることもあり、写真の窓枠は中央が7mm程度凸っています。窓枠を調整しながら障子を入れることになりました。乞うご期待・・

posted by くま at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

地鎮祭(三咲の家)

地鎮祭でした。うす曇の午前中、自転車で出かけた行った小生にとってはあいにくの雨となりましたが・・今回担当していただいた二宮神社の神職さん、地鎮祭の意味、地鎮祭の流れなどを丁寧に説明してくれた他、『あいにくの雨』ではなく『お清めの雨なんです』と皆の心配を吹き飛ばすような言葉をかけてくれました・・なんともありがたい!言葉は魔法ですね(^O^)

地鎮祭.JPG

建て主さん + お嬢さん一家も駆けつけてくれて賑やかな地鎮祭となりました。その後、ご近所の挨拶回りをして監督と基礎工事に関する打ち合わせをしました。3月3日ころから基礎工事が始まりますが、その前に排水ますの移設など出来ることを進めていく予定です。今回の基礎工事は昨年3月に引き渡した『船橋の家』と同じ鳶さんが担当します。いよいよですね!
posted by くま at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

Yちゃんと、Y君

小生のクラブで体操をしている中学3年生。今年は2人居ます。
YちゃんとY君。2人ともならこうで体操を続けたいそうです。
指導者としては嬉しい半面、この時期は受験結果に一喜一憂なんです。

Yちゃんは無事合格しました。うれしいショートメールが来ました。
Y君は残念。

前期テストでは定員240人で144人の合格。今朝の新聞に掲載されていました。後期ではあと96人合格できます。Y君のお母さんに電話したら後期の願書もならこうに出してきたそうです。本人の意思も強く、なんの迷いもなく直ぐに提出してそうです。男だな・・ブレがない。練習も黙々と取り組んでいたので何とかしてあげたいけど・・これだけは何もしてあげられない・・自分の無力さに涙が出ました。あと2週間頑張れY!
posted by くま at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

ボード貼り(古和釜の家)

ドア枠などほとんどの造作材が付け終わり、壁と天井の下地である石膏ボードを貼り始めました。数日で完了する予定です。これからは家具の製作と外壁(板貼り部分)の仕上げ準備となります。

壁のボード.JPG

玄関には玄関ドアの枠が組み立てられています。下の方は雨がかかるのでステンレス板を巻くのですが、板の厚さだけ欠き取られ、あとは設置される出番を待っています。

ドア枠.JPG
posted by くま at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

現場で打ち合わせ(三咲の家)

監督のYさんと現場にて打ち合わせをしました。高さの起点の確認ほか、質疑が多く出ました。先週までは電話やメールで打合せしてきましたが、それでは図面に指を指して物事を伝えられません。今日は疑問点がいろいろ解決できました。それにしても今日は寒く雨も降ってきたので自転車にて現場に行った小生は難儀しました・・

写真は今週末予定している地鎮祭の奉献酒です。通常は日本酒2本なんですが・・独立して初めての地鎮祭でワインが好きだという建て主さんということもあ、小生の身の丈にあった物にしようと白ワインを1本包んでもらいました。その後の上棟式は赤ワイン1本にして赤白揃うようにしました。最近はスパークリングワインにしたり、紫や金箔入りだったりとその時、酒屋さんにあるめでたい感じの組み合わせでお願いしています。

お祝い.JPG
posted by くま at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

工事契約(三咲の家)

昨日、工事契約をしました。小生は監理者として契約に立会い契約書に押印しました。

工務店によって契約時の説明が若干ちがうのですがD工務店は1時間程度の時間をかけ丁寧に説明します。昨今、必要となった瑕疵保険についてもマニュアルに従い説明しているのですが、今回は補足説明が必要となりました・・週明け、保険会社に確認し、了解を得た上で契約書に綴じ込むことになりました。

若い頃、契約書や約款について勤めていた設計事務所の所長に問われたことがありました。よくわかっていなかったこともあり、『建て主だけでなく、設計事務所のことを守ってくれるもの・・』と答えたところきつく叱られ、かなりの時間、設計者(建築家)としての職能について指導された事を思いましました。
posted by くま at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

細かい仕事

風邪をひき今週は家にこもっていました・・週の後半になり、ようやく調子が上がり今日はお出かけです。『三咲の家』の記載事項変更届を提出・・あろうことか確認申請の申請者の名前(ふりがな)を間違えたまま確認済証をもらっていました。確認済証にはふりがなの記載はなく、ふりがなの間違えは後の申請などへの影響はない事は確認できたのですが・・こういうことはきちんとしておかなければですね!

その後、確定申告書の提出に!毎年のことですが申請や申告は面倒です・・今年からはバイクがなく、車では駐車場が無いので難儀します。

『古和釜の家』の現場では外壁・左官仕上げの打ち合わせをしました。いつもの左官会社に責任施工でお願いすることになっています。何度依頼しても何点かある重要事項(気を付けること)は必ず現場で監督さん交えて確認をします。3月1日から外壁の左官仕上げにかかります。養生期間含めて1ヶ月程度。仕上がりが見えてくると楽さがUPします!

内部の見学をしたい方はホ-ムペ-ジから申し込みください。内部造作工事も順調に進んでいます。現在、断熱工事は完了し『暖かそうな住まい』を直接確認していただける状況です。是非どうぞ!
posted by くま at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

平均台作成

設計者のノウハウを存分に??発揮して平均台を造りました。付き合いのある材木屋さんから105mm角と105mm×180mm角の集成材3mを購入しました。

平均台 (1).JPG

そこに両面テ-プでクッション材を張ります。どちらもホームセンターで購入。

平均台 (2).JPG

そして、知っているカーペット屋さんで85cm×3.3mのカ-ペットの端切れ??を購入。切り分けてタッカー(ホッチキスの大きいやつ)でバチバチ留めつけながら巻いていきます。たるまない様に引きながらの作業のため結構力仕事なんです。晩ご飯のあとにTVを観ながら2日かけて造りました。

平均台 (3).JPG

正規の10cm幅の平均台と練習用の幅18cmの平均台が2本完成!!(^O^) 車に乗らない・・どうやって体育館まで運ぼうか??
posted by くま at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

屋根工事(古和釜の家)

屋根の板金工事が始まりました。先ずは大屋根から。屋根工事で厄介なのは屋根が折れて庇の下に潜り込んだり壁にぶつかる部分がある時です。例えば下の図のような場合です。

屋根工事(3).jpg

屋根の高い部分に低い部分が鋭角に取り合う時など、手が入りにくく作業性が悪いので注意が必要です。出来る限り板金でしっかり納めてシ-リングを併用します。板金は1層ではなく2層構造としてしっかり水に備えることが重要です。板金屋さんのノウハウが生きる部分ですね!

屋根工事 (2).JPG

大屋根のあとは湾曲した屋根・・庇・・これから数日間丁寧に作業していただくことになっています。板金工事が済むと外壁の仕上げにかかれます。
posted by くま at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

見えないところで進む工事(三咲の家)

工事は見えないところでも進むんです。工事契約を数日後に控えているのですが、工事の段取りはどんどん進みます。監督から1日おき??時には毎日、図面に記載した質疑事項や監督自ら描いた図面のFAXが来ます。監督によって確認やコンタクトの取り方は違うのですが、それぞれに流儀があり面白いです。ただし、この方法の場合は現場で持ち歩く資料が重くなるのがなんとも・・

さあ、気合を入れて頑張りましょう。

質疑.JPG
posted by くま at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

見学会・断熱(古和釜の家)

構造見学会が無事終了いたしました。ご来場ありがとうございました。設計者や工事者が『見えないところも丁寧に造りました』と自分で言うよりも、『きちんと丁寧に造っているので見学会で誰に見られても大丈夫です』と言ったほうが説得力がありますね。いつも断熱材の施工が完了した時点で建て主さんにダメ出し(断熱検査)して頂くのですが、建て主さんになった気分で見ていただきました。2月中は断熱材が見える状況です。追加の見学会を予定していますので見学希望の方はホ-ムペ-ジをご覧ください。

断熱01.JPG

写真は窓下地の隙間にも断熱材を入れた部位です。断熱欠損は最小限に留めます。

断熱02.JPG

遠くから見るとこんな感じです。布団にくるまり暖かそうな住宅になりました。フワッとしていて気持ちよさそうです??

断熱03.JPG

今回はペットボトル再生断熱材ポリエステル40%、ウール60%で湿度調整機能の高いタイプを採用しています。
posted by くま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

植木(高根台の家)

第1期・植木工事が完了しました。

庭.JPG

残しておいた庭石と植木を移設し格好を整え、御簾垣を造りました。道路際には昔からあった庭石を並べ植栽の囲いとしました。この後、この状況を確認して第2期工事を検討することになっています。ご自身で花を植えるもよし、植木屋さんに継続して何本か木を植えるもよし。現在、待機中です。
posted by くま at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(高根台の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

根本的な改修(自宅)

自宅のベランダの庇(自主施工!)の雨漏りが止まりません・・原因は屋根材であるポリカ-ボネイト(透明な樹脂板)の継ぎ目とシ-リング(止水ゴム)付きビスの劣化です。4年前に全部撤去し、新しいシ-リングビスに交換し、継ぎ目のシ-リングをやり直しました・・その時はしばらく良かったのですが、それから2年後、ビス穴から雨漏りが始まりました。

14年2月17日参照ですが、その際にビスの上からシ-リングをし直しました。渦巻き状に隙間なく盛り付けたのですが、その方法がダメだったようです。

14年8月20日参照でプロにシ-リングを依頼。継ぎ目とビスの上をシールし直しました。3ヶ月後・・雨漏り。原因は継ぎ目のシールの排水溝(薄くした)の劣化でした。

今回、再度全部撤去。オイル塗装をやり直し、古いシ-リングを丁寧にはがし、継目のない大きなポリカ-ボネイトシ-トを購入し大工さんに交代!気心の知れたS大工さん親子とI監督が来てくれました。梁の上に防水ゴムシ-トを載せ、夏の遮光用の穴あきセメント板を敷設し下準備完了!

01.JPG

3.6m×1.8m の1枚の樹脂板。建築当時は1人で施工したので4分割でしたが、今回は分割ではない大判を3人がかりで据え付けました。

02.JPG

03.JPG

ビスの数は半分に減らし、シ-リング併用でシ-リングビスを打ち込みました。細かいシ-リングも丁寧に行いましたのでこれで大丈夫だと思います。

04.JPG

PS 透明樹脂板による庇は冬期の採光に有効です。手前半分は夏の日よけのため穴あきセメント板を使用しています。穴があいているので明かりも採れ面白い素材ですが・・現在この方法で屋根を葺くという設計は行っておりません。これで5年間雨漏りが無ければ再度提案できる気がします
posted by くま at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

内装と設備工事(古和釜の家)

床暖房の敷設が済み、1階のフローリングも貼り終えました。現場にはドア枠や窓枠のナラ材が搬入されています。風合いがよく好きな材料ですが、コスト面やデザイン的な理由で採用の少ない材料でもあります。

なら.JPG

設備工事も一緒に進みます。電気配線、エアコン配管などほぼ完了し、週の後半には断熱材の搬入も予定されています。日曜日には構造見学会もあるのでタイミングもぴったりです。見学希望の方は是非どうぞ。

配管.JPG
posted by くま at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする