2016年04月30日

電気配線の確認(三咲の家)

窓が付き防水紙を張り終わると電気配線が始まります。スイッチやコンセントの位置は図面に記載していますが、実際に建物ができそこに立ってみると『あれっ?』と気がつくことがあります。スイッチは別の位置にあったほうが良いな・・とか、コンセントはここでは使いにくいな・・といった具合です。そこで建て主さんに現場に来ていただき電気配線の検査をしていただきます。配線をした後に直すのは不合理なので、実際にはコンセントやスイッチボックスを付けてもらい、位置を確認するのです。今回はコンセントの追加、移動、照明器具の移動など数箇所ありました。直ぐに図面を修正し、建て主さん、電気屋さんに確認をしていただきました。

8日の構造見学会に向けて一部断熱もしてもらいました。断熱はこんな感じに致します!細かい部分にもしっかり詰め込みます。

断熱.JPG

2階の居間には大きな家具を置きます。床が凹んだりしないかと心配のようですので念のため根太という下地を通常の倍、入れることにしました。もともと柱や梁の本数が多く、構造的な心配は無いのですが、フローリングは凹んでしまっては・・念を入れることにしました!写真に写っている根太材を入れる予定です。


根太.JPG


posted by くま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

家具(古和釜の家)

建て主さんと一緒に家具を見に行きました。床はチークで建具や造り付け家具はナラです。よって設計の時から家具はナラとチーク(またはウォルナット)が良いと話し合っていました。

ソファ−.JPG

そして・・ソファ-はナラ材に。張り持はナチュラルな感じの布に。三色選べましたが展示していた物が気に入ったようです。

椅子.JPG

ダイニングセットはウォルナットに。写真では艶がありますが、実際のものは艶のないオイル塗りにしました。テーブルも高さ、角の加工など多くの種類から選べ納得できたようです。椅子の張り地は照明器具の色に合わせて白系と青を二脚づつとなりました。完成まであと1ヶ月となりました。
posted by くま at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

窓が付いた(三咲の家)

窓が付きました。連休前に雨の心配はほぼなくなりました!

窓 (2).JPG

中庭に向いた背の高い窓(上写真の右側の2段になった窓)は南向きで冬でも午後からの陽が入るよう計画されたものです。もちろん、午前中は東向きの引き違い窓(左側の窓)からいっぱい陽が入ります。

窓 (3).JPG

上は居間の窓です。左側・引き違い窓の上は台形の高窓になります。東からの朝日を受けることと、建て主さんのアイデアで家に帰ってきた時にほんのり周囲を照らす灯り窓として計画しています。

断熱.JPG

車庫の天井(居間の床合板)に断熱材を張りました。もともとはウール断熱のつもりでしたが、余ったので性能の高い発泡系の断熱材を貼ってもらいました!(^O^) ほぼ、ぴったり張り終えました!
posted by くま at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

待機(古和釜の家)

今日は外部の水道管埋設工事をしていました。内装の方はほぼ完了し、あとは建具、洗面の家具、照明機器、階段壁の穴あき陶器積み・・などを残すところとなっております。急ぐ現場の場合はここからバタバタと仕上げていくのですが・・引渡しが5月末頃なのでゆっくりです。来週くらいから外構工事が始まります!

待機.JPG
posted by くま at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

ほっ・・

長く世話になっていた工務店があります。事情があり疎遠になっています・・いつかうまく動き出したらまた依頼できるようになればと思っています。先日、ちょっとしたことを確認する電話がありました。最近、ブログの掲載が止まっていると言おうとしたところで電話を切られてしまいました・・今日、ブログが再開されていました。ちょっとホッとしました。

小生、あと1ヶ月ちょっとで独立して17年目を迎えようとしています。設計した建物の数を数えたら35ありました。独立当時は設計の仕事がなくのんびりしていました。いくつも重なり忙しい時もありました・・今後、何件の家を設計できるか・・楽しみです。
posted by くま at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

防水(三咲の家)

先週、屋根がほぼ完了し、今日は屋上とベランダの防水工事をしていました。雨が入らないよう、養生もしてありました!(^O^) 屋上は排水方向が複雑で、中央部分には段差があります。あとで問題が生じないよう、また、問題が生じても簡単に対処出来るよう防水の納め方は至ってシンプルにしてあります。

防水.JPG

今回は窓の組み合わせのバリエーションが面白く、下の写真は連窓で段窓です。食堂の中庭側に面していて、午後からの陽を取り込むための窓でもあり、中庭の木を眺めるための窓でもあります。小さな中庭ですが、窓があることで豊かになります!夜には窓越しにほかの部屋の明かりが見えるのも楽しみの一つです。

連窓・段窓.JPG

監督手製?のスリッパ掛けです。お客様用のスリッパもあります。もう、土足厳禁です!

スリッパ.JPG
posted by くま at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

カーペットリメイク

不要となった体操競技用の試合用カーペットを練習用にリメイクしました。競技用は15m四方で、それを3分割して巻き取ってあります。伸ばすと4m × 15mあります。それをカットし、2m × 19mにしてもらいました。カットは出来るのですが、縁かがりをしたり、マジックテープをつけるのはちょっと出来ません。そこで、知人のカーテン屋さんにカーペット職人を紹介してもらいました。カーペットを体育館の広間にあげ、カットし、縁かがりしてもらいました。余分な部分も縁かがりしてくれたので、何かに使えそうです!

カーペット (1).JPG

このミシン、改造されたものでレア物だそうです。

カーペット (5).JPG

職人さんも全国でも数人しかいないそうです・・費用は新しいものの1/4で出来ました!

カーペット (4).JPG
posted by くま at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

左官仕上げ(古和釜の家)

内部の左官仕上げが進みます。2階の奥の洋室だけ壁の色を白にしました。他の部屋は小生がよく使う少し温かみのあるアイボリー色です。

左官仕上げ (1).JPG

何度もコテで擦りきれいに仕上げています。

この部屋は下塗りの状態です。下塗りでも十分きれいな気がします・・今度メーカーに下塗りの費用など聞いてみようと思いました。

左官仕上げ (2).JPG
posted by くま at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

原物確認(三咲の家)

現物の確認をしにD工務店の倉庫に行ってきました。建築事業部のみなとフラフラしているところに電気屋さんの I さんが通りかかり『なんだ、このメンバー』と驚いていました・・

今回の支給品でどうしても確認しておきたかったステンドグラス。思ったよりも大きく、全体が柔らかく・・慎重に確認してきました。最終的には内窓にはめ込みます。直ぐに建具屋さんに施工方法の確認をしなければ・・

現物確認 (2).jpg

洗面化粧台も2階の分は支給です。重さに驚きました。分解できないのでどの様に2階に揚げるのか??大きな傷はなく安心しました。部屋には6mmのクリアランスで入ることが確認でき一応安心しました!

現物確認 (1).jpg
posted by くま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

屋根と耐震壁(三咲の家)

屋根工事が進み、屋根のスレート張りが完了しました。前回撮れなかった方向から写真を撮影してきました。手前の屋根越しに冬の低い光でも食堂の窓から入る様子が分かるかと思います。

屋根形状.JPG

屋上の防水下地も造り始めているので近いうちに雨の心配がなくなります!

耐震壁の設置も進んでいます。湿気が抜けるよう耐震壁にはダイライト(緑矢印)を使用しています。耐震壁以外の部位にはアセダス(赤矢印)という透湿ボードを張ります。全面に板を張ることで防音、断熱、耐震壁の余力など様々な効果があります。

耐震壁つ通気.JPG
posted by くま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

外構工事(後輩の家)

後輩の家が出来ました!建築条件付きの住宅で、小生はプランニングに協力いたしました。外構工事を引き続き依頼するつもりだったそうでしたが、ちょっと高く、要望をうまく整理できないようで・・小生がいつも依頼する植木屋さんに依頼することになりました。図面作成 ⇒ 見積もり、とやり取りを経て来週から工事という運びとなりました。玄関前の石のサンプルです。2種類の石をミックスすることになりました。

石.JPG
posted by くま at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

屋根工事(三咲の家)

上棟後、初めての現場です。建て主さんにも来ていただき照明器具の位置を確認していただきました。屋根下地が天井下地を兼ねており、早い時期に電気配線をする必要があります。ありがとうございます。その屋根も現場に着くと居間部分は下地工事が完了していました。居間の屋根は冬の間、午後からの陽も入るようお隣の屋根の高さを目測して決めています。小生の設計にしてはちょっと高めです!写っていませんが、写真左側には食堂の屋根もあり、食堂屋根は居間の屋根越しの陽が入るようやはり高くなっています。機会があれば関係がわかるような写真を撮ってまいります・・

屋根工事 (2).JPG

下は食堂部分です。通気と軒の出を確保するための垂木を設置していました。垂木の下には保険的に敷設した透湿防水シートが見えています。近日中に居間部分の屋根と一緒に防水シートを敷設します。これで若干ではありますが、雨の心配が軽減されます。

屋根工事 (1).JPG
posted by くま at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

内部左官工事(古和釜の家)

内部左官工事が始まりました。外部は終わったのですが、ブログでの紹介は足場が外れてからといたします。今回は平滑に仕上げるために下塗りと上塗りの2工程ある仕上げを採用しています。割れ防止で壁の下地ボードの継ぎ目にパネを塗り、寒冷紗を貼ります。

内部の左官 (2).JPG

終わった部屋から下塗りをするようです。材料やバケツの搬入が済んでいます。雨が止めば外部の塗装も進むと思います。だいぶ完成が近づいてきました!

内部の左官 (1).JPG
posted by くま at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

上棟式(三咲の家)

上棟式でした!建て主のお孫さん、大の特殊車両好き。基礎工事中に風邪をひいてしまい見ることができなかったのですが、D工務店のK部長さんの配慮で今回はクレーン車に載せてもらいました。恥ずかしそうでしたが嬉しい様子で何よりです。(^O^) ちなみに小生もまだ乗ったことありません・・

オペレーター.JPG

作業は順調に進み4時に上棟式を始めました。大工さん達も一緒に記念撮影!これからが本番。よろしくお願いします。

上棟式.JPG

直会(なおらい)では監督推薦の木戸泉を戴きました。独立したばかりの頃、大原には月に2回程度、毎月のように建物の調査に行っていました。この造り酒屋の前は何度も通りました。その頃は特に気にもとめなかったのですが・・飲みやすく旨い酒でした。今度、買いに行こうと思ってしまいました! (^O^)

木戸泉.JPG
posted by くま at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(三咲の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

・・・(古和釜の家)

テレビの家造り番組でよく建築家が職人さんを叱りつけていたり・・気に食わないと平気でやり直しさせていたり・・それってよく考えると変なんですよね。そうなる前に予測し打合せしておくべきなんです。やり直しや職人さんを叱るのは設計者としての能力不足を宣伝しているようなものなんです・・でも、今日は大声で怒っちゃいました。

シーリングやり直し (1).JPG

シーリングやり直し (2).JPG

左官の下塗りにコーキング(ゴムみたいな物をチュ-ブから絞り出して防水する)処理をしているのですが、写真をみて分かるとおり雑なんです。もちろん、その前に施工している防水紙の段階で防水テ-プを貼り、左官のル-フィングの段階でコーキングを打ち、この段階のコーキング処理はオプション的な念押しなんですが、信頼し、お金を払い、打合せしてから仕事をしてもらっているのにこれではいけません・・裏切られた気がして担当の責任者に『これではダメだ、すでに仕上げてしまった部分もそうなんだろうから今すぐ仕事を止めてやり直し、完了したら呼びに来るように!』と言いました。もともとこの左官会社は小生が指名し、特別に現場に加えてもらったんです。

シーリングやり直し (3).JPG

シーリングやり直し (4).JPG

修正後こうなりました。すでに仕上がった部分は乾燥後、左官会社の責任で上から同じ色のコーキングを打ってもらうようになりました。なんとも・・

外壁の板張り部分も半分程度塗装が済みました。2度塗なのでもう少し時間がかかりそうです。

外壁塗装.JPG

内装工事も進んでいます。タイル張りが進み、雰囲気が良くなってきました。油汚れが気になるのでコンロに近い部分には大きなタイル、遠いい部分には小さなタイルと使い分けています。

タイル.JPG
posted by くま at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築(古和釜の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする