2017年08月29日

床仕上げと補強の第一段階(東習志野の家)

解体が完了し床の仕上げ工事と補強工事(第一段階)が始まりました。

水回りの土台 (1)縮小.jpg

水回り・・浴室の出入り口の位置が変わるので新たに基礎をつくり、土台を入れました。シロアリに食われている部分があったので補強し、防蟻剤を塗布し、不要な部分は撤去するなどして補強を進めました。

加えた柱・縮小.jpg

和室で開口幅が3.6mだった部分には中央に柱を(緑色の枠で囲いました)入れました。半分の1.8mを新たな開口部に、残り1.8mは耐震壁にします。

床は一旦撤去し、新たな根太を入れ床レベルの調整をして平にします。根太間には新たに断熱材(赤矢印)を挟んで断熱改修もします。
posted by くま at 14:55| Comment(0) | 建築(東習志野の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

まだ解体(東習志野の家)

まだしばらく解体が進みます。

解体開始 (2).JPG

赤枠で囲んだ短い柱は欄間の真ん中にあった障子の鴨居を吊っていた部材です。昨日の3枚目の写真参照です。これも撤去し、土台から梁を支える1本の柱に交換します。交換後、柱を挟んで半分は障子の開口部に、半分は耐震壁になります。

撤去した部材は庭で90cm程度に短く切り、まとめて縛り、搬出します。結構、地味で気の遠くなる作業ですが、先の作業を考えながら丁寧に解体してゆきます。
posted by くま at 17:00| Comment(0) | 建築(東習志野の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

解体(東習志野の家)

現場監理が無いとブログをアップする気力が湧かず・・1ヶ月空いてしまいました。

お盆明けの今日から東習志野の家の工事が始まりました。先ずは大工さんによる解体工事です。

リノベーションなので担当する大工さんが後の作業を考えながら解体してゆきます。作業開始から1時間半の写真です。天井が無くなり、鴨居などの造作を取り始めています。

解体 (2.).jpg

『写真右上の赤枠』壁の内側に断熱材が入っていないことがわかります。今回は床、壁、天井にそれぞれ断熱材を充填し、断熱改修も行います。

『写真左下の赤枠』屋根の防水下地がシートだけの部分が有り、また、隙間があるので外からの光が漏れています・・何か対策する必要があります。

解体 (2).JPG

リノベーションなので完成後は雰囲気がガラッと変わります。乞うご期待!

解体 (1).JPG
posted by くま at 11:49| Comment(0) | 建築(東習志野の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする