2018年03月06日

柱状改良(宮本の家)

検討の結果、柱状改良杭を採用することになりました。河川も近くやや軟弱な地盤です。液状化対策としては十分ではありませんが、この地域は東日本震災では液状化していません。砂地盤ではないこともあり現実的な不同沈下対策を採用するという方針です。地下水位が高く施工前日の雨の影響もあり敷地全体が何となく湿っぽい感じでしたが、作業は順調に進みました。数日間養生をして基礎工事に入ります。

柱状改良.jpg
posted by くま at 17:19| Comment(0) | 建築(宮本の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする