2018年05月23日

プレカット図(浦安の家)

杭工事が終わり、明日から予定を前倒しして基礎工事にとり掛かってもらえることになりました。基礎工事でもスロ-プやフェンスの下地を入れておく必要が有るので図面を修正したり・・6月半ばの上棟を目指しプレカット図(柱や梁の加工図)のチェックをしたりと監督とのやりとりが多くなってきました。

プレカット図.jpg

プレカット図には質疑もいくつかあり、小生でないと分からないことを盛り込んでもらうために赤やピンクのチェックがたくさん書き込まれています。現場が始まったら毎回行うことですが、忘れずに必ずチェックしなければならない細かい項目がいくつか有り、現場チェックリストにも記載しています。

今回はコンクリートの支柱が2本あります。小生はたまに採用するのですが、コンクリート支柱と梁をつなぐための支柱もステンレスで制作します。毎回同じなのですが、監督によって要望が異なるのでマイナ-チェンジを繰り返しています。

支柱.jpg

今回はこんな感じです

posted by くま at 16:27| Comment(0) | 建築(浦安の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

ボード張り(宮本の家)

フローリングを張り終え、壁の石膏ボードを貼り始めました。準耐火構造なので石膏ボードの張り方にもいくつか決まりがあります。裏に耐火も兼ねた断熱材が入っていることなど・・

DSC07479.JPG

コンセントボックスは鋼板製を使用など・・

DSC07485.JPG

写真は階段のササラ(段板を支える部材)です。防火用の石膏ボードで隠してしまいますが、必要な厚さを確保しています。

面倒ではありますが、よろしくお願いします

PS 大工さんにとってはあまり特別感は無いそうですが・・
posted by くま at 10:32| Comment(0) | 建築(宮本の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

杭工事(浦安の家)

昨日の地鎮祭に引き続き、今日は杭工事です。現実的な費用では効果的な液状化対策はありませんが、基礎の面積を増やし接地面積を広げたり、一定の効果が見込める柱状改良を採用したりと出来る対策は施しながら工事を進めてります。

DSC07477.JPG

来週明けからは基礎工事も始まります。工期が厳しいので効率よく仕事が進むよう、当方が出来ることは早め早めに手を打っています。先ずは外壁サンプルの手配、プレカット図の最終確認など・・

帰り道・・宮本の家の中間検査済証を受け取ってきました。検査合格を確認できたところで受け取りは先延ばしにしていました。こちらも順調です (^O^)

DSC07486.JPG
posted by くま at 18:30| Comment(0) | 建築(浦安の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

地鎮祭(浦安の家)

地鎮祭でした。小生宅から浦安まで車での休日の所要時間が読めなかったので2時間前に出発・・・1時間10分前に到着 (^O^)

監督が現場の草刈をしていました。一緒に竹を建てたり縄を張ったり・・時間があまり近くのコンビニまでトイレ休憩。

式は滞りなく終わりました。記念撮影・・・小生のカメラには電池が無く、今日は写真の添付ができません。明日、写真を頂いてから下に貼り付けようと思います。式の後、近所の方とちょっとお話できました。これからご迷惑をおかけします。よろしくお願い致します

PS そういえばスマホでも写真を撮れるんですよね。うっかり、うっかり。普段は現場でもスマホを使うのですが、脳内のスイッチが入らなかったようです。明日からは早速杭打ちです。
posted by くま at 23:30| Comment(0) | 建築(浦安の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

杭の施工計画書(浦安の家)

日曜日に地鎮祭を予定しています。雨はなさそうで安心しました。

翌、月曜日から早速杭工事です。契約してすぐということもあり少しバタバタしています・・施工計画書を出してもらいチェックし、修正を依頼し・・先ほど承認しました。念のため、当方の構造事務所にも設計用の荷重などに間違えは無いか確認をしてもらっています。

基礎が地盤に接地する面積が広いほうが液状化した時にも有利なので中庭のウッドデッキを支えるコンクリ-トの土間も基礎に変更しました。結果、鉄筋量が増えていますが・・・見積もりではサービスしてくれました! (^O^)

施工計画書.jpg

丸の色の違いは杭の天端のレベルの違いを示しています。基礎の設計が住宅にしてはちょっと複雑で納まりを検討した結果、杭天端の深さを修正してもらうことにしました・・・効率よく、きちんと施工したいですからね!現場は複数の目で見ることは大切ですね! (^O^)

posted by くま at 16:17| Comment(0) | 建築(浦安の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

反省

一昨年、懇意にしていた工務店が倒産しました。時々OBの建て主さんから連絡があるので当時の職人さん含めて付き合いのある職人さんに依頼して継続的にメンテナンスをしています。近年では瑕疵保険もあるので建て主さんにとってはこれまで同様安心して頂けていると思います。その工務店に限らずOBの建て主さんからのメンテナンス、リフォームの依頼は毎年のように来ており、子供たちが大きくなっていたり、DIYでグレ-ドアップしていたりと驚くことも多く有り・・月日の移ろいを感じる次第です

先日、その工務店のOBの建て主さんから点検の依頼がありました。ただ、小生が設計に関わったわけではないので一定の『約束』をしていただかなければ引き受けることは出来ません・・瑕疵の問題、社長への連絡など小生には責任を負えないことがあります・・このような約束をしていただけるのであればお役に立ちたいので連絡をくださいと返事をしたのですが、その『約束』についての文章がちょっと大げさになってしまったような気がしています。

反省・・メールや電話だけで信頼を築くのは難しいものです
posted by くま at 10:30| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

定例(宮本の家)

定例の打ち合わせでした。1階は電気フィルム式の床暖房を採用しました。電気の蓄熱式、ガス温水式・・色々有り、それぞれに良いところがありますが、今回は寒いときだけちょっと使いたい『使用時間が短い』というニ-ズに応えました。

DSC07468.JPG

青いフィルムが床暖房シ-トです。フローリングは普通グレ-ドの無垢の『なら』です。メ-カ-が推奨する床暖房用の高いフローリングは梅雨や夏に伸びすぎてしまうので使いません。以前、自宅で採用して失敗してしまったので・・・この件では経験に勝るものはありません。コストを抑えられることは良い事ですしね!

DSC07469.JPG

3階のヒノキフローリング・・数日置いて少し狂いが出たところでうまく調整しながら貼っていました。聞くと、このフローリングの木口 (端部・幅の狭い部分) には実 (端部を凸凹加工してはめ込むようになっています) 加工がされていません・・切りっぱなしなので、ついでにちょっと端の悪い部分 (大きな節) を切り落として揃えているとのこと。ゴミ袋を見ると確かに大きな節が入っている部分が切り落とされていました。長いもの、短いものをうまく組み合わせて全体としてキレイになるよう並べてから貼っています。どうにもならない物は予備として端によけてありました。左は貼り終えた範囲、右は色、節の具合をみて並べて貼られるのを待つフローリングです。
posted by くま at 17:41| Comment(0) | 建築(宮本の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

ショ-ル-ム(佐倉の家)

年明け頃から調査・計画を始めている『佐倉の家』・・築年数は小生と同じくらい??です。布基礎ですが地盤もよく、耐震補強・断熱改修を含むリフォーム計画を進めています。平面計画はほぼまとまり、家具や内装、キッチンなどの設備機器の検討も始めています。今日はキッチンのショールームへ行きました。10日後、展開図を持ってお邪魔し、残したい和室の造作材の寸法を確認することにしています。耐震補強を伴う工事なので施工会社はもうすでに決めています。順番待ちで工事はまだ先ですが、出来ることをコツコツすすめることにしています。
posted by くま at 22:36| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

断熱検査(宮本の家)

午前中・・浦安の家の工事契約。施工担当は宮本の家と同じD工務店です。

午後・・器械体操の指導。新しく入会したいという2年生の女の子が来るので遅れられませんでした

夕方・・宮本の家の断熱検査。建て主さんに断熱材の施工状況を確認してもらいました。あとは完成時まで建て主さんの検査はありません。

DSC07450.JPG

断熱材の施工状況は先日のブログにて紹介しましたので今回は外壁下地の施工状況を紹介します。今回も外壁は左官仕上げです。色々とありますが、コスト、信頼性・・トータルで考えると昔からある杉板を下地とする工法が一番です。左官に細かいヒビはつきものです。防げないのであれば少しの水であれば侵入しても躯体を傷めない通気工法を採用すればよいのです。杉板自体は耐久性も有り、下地にはもってこいです。

DSC07462.JPG

内装も進み、フローリングを貼り始めています。1、2階は無垢のナラ材で、3階はヒノキです。写真は3階です。梱包を解き、癖があるものはそれなりに癖を出させてから貼ってゆきます。樹種によって隙間の空き方が違います。ナラは伸びてフローリング同士が押しあった結果剥がれれてしまうことが無いよう、厚紙程度の隙間を空けて貼ってゆきます。檜は貼ったあと縮むことが多く、それほどゆるくは貼りません。下地の合板の有無でも異なります。今回は合板の上から直接貼れるのでちょっと安心です。

DSC07449.JPG

アンテナを持ち込み受信の状況も確認してもらいました。高性能アンテナでは指向性が強くスカイツリー方向に向けてデジタルの電波を受信すると、反対方向にある千葉テレビの電波の質があまりよくないそうです・・本番は一般的な性能のアンテナを設置しようということになりました。
posted by くま at 22:22| Comment(0) | 建築(宮本の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

製本(浦安の家)

明日、工事契約となりました浦安の家。図面を工事監理用に製本しました。宮本の家と工期が重なるため表紙を変え間違えないようにしました。

DSC_0720.JPG

左が宮本の家・右が浦安の家です。

PS 小生の場合は間違えないようにというより、普通の製本表紙用の紙が嫌なだけですが・・やはり、面白くなきゃ

どちらもひいきにしていた劇団のチラシです。画家が好きでとってあり、製本の表紙に使っています。ちなみに、裏表紙も可愛いです
posted by くま at 15:53| Comment(0) | 建築(浦安の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

断熱材(宮本の家)

定例の打ち合わせで現場に行きました。

窓が付き雨の心配が無くなり、構造検査が終わり筋交いが見えなくなっても良くなったので断熱材を詰め始めました。天井裏に敷並べる方法では隙間が多く精度が悪いので当事務所では屋根垂木(屋根板を支える部材で45cm間隔に入っています)の間に詰め込んでいます。もちろん、落ちないようにしっかり留めつけます。壁の断熱材を間柱の間に詰め込むのと全く同じです。今週末、建て主さんによる断熱検査です。今回は予算の関係でビニールでラッピングされたタイプ(断熱性能は高いです)を使用していますが、入り込んでしまった湿気が抜けやすいよう、透湿性のある外壁下地を使っています。ちなみに、屋根にも同じ下地材を使用しています。

DSC07447.JPG

補足1:通常はビニールでラッピングされていないウール状の断熱材を使用し、湿気が滞留しないようにしています。

補足2:家の中で発生した湿気が壁内に入りにくいよう室内側の仕上げ材は湿気を通しにくい素材にします。乾いてゆく外壁側の下地材は湿気を通しやすいものが良いとされています

今週末にはフローリングも搬入されます。いよいよ内装工事にかかります。普段とは違う引戸、敷居、鴨居・・がけっこう多く有り、綿密に打ち合わせをしてきました。勝手知ったるS大工さんなので、色々な提案も出てきます。うまくいきそうです。
posted by くま at 17:09| Comment(0) | 建築(宮本の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

中間(構造)検査(宮本の家)

連休明けの今日は中間検査でした。自営業の小生に連休はあまり関係ありませんが、バタバタとした一日でした。

早めに出たつもりが検査員からもう着いたので見ていますと連絡がありました。慌てても仕方ないので安全運転・・到着すると半分位見終わっていたようです。特に問題なく完了しました。良かったです。追加した窓の申請を出すことになりました。

DSC07441.JPG

その後は通常の打ち合わせ・・明日が定例の打ち合わせなので手短に終わらせ移動。

夕方、浦安の家の見積書、工事契約書が出来てきたので確認し建て主さんに送りました。了解をいただければ週末に工事契約の予定です。週末は宮本の家の断熱検査、佐倉の家のキッチンの打ち合わせと盛りだくさんですが・・見学会はまだ空いていますので興味がある方はぜひどうぞ!
posted by くま at 19:29| Comment(0) | 建築(宮本の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

貝殻

連休中に1日くらい出かけようと館山に。沖ノ島で貝殻を拾い、赤山防空壕を見て、リフォ-ムした大多喜町役場へ。

DSC_0709.JPG

亀山湖から市原湖畔美術館でピザを食べ帰ってきました。

DSC_0716.JPG

湖畔美術館は今年、1月15日のリベンジです。帰宅し、貝殻を洗い、飾ることにしました。

posted by くま at 11:31| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

防水(宮本の家)

防水工事がほぼ完了していました。

DSC07413.JPG

防水材はサッシの下も赤矢印から緑矢印まで一体で形成されています。シ-リング材が劣化して雨が吹き込んでも防水を乗り越えて室内に入り込まないようにしています。

DSC07415.JPG

全体としてはこんな感じです。FRPの防水層はガラス繊維の凹凸がありますが、しっかり平滑になるようサンドペーパーなどで慣らしてからトップコ-トがぬられています。防水には他にも様々な工法がありますが、木造住宅に一番多く普及しているFRPが一番だと思います。もしもの時には上から塗ることができ、施工者も多くいます。防水など将来のメンテナンスが必要なものにはオリジナル工法は向きません。参考にしてください。

DSC07424.JPG

屋根通気層の防止水シートと外壁の防水シ-トの重なり部分です。壁のシ-トの上にしっかり屋根シートがかぶせられています。台風の時など軒天井の隙間に水しぶきが吹き上げても壁の防水シ-トが雨の侵入を防いでくれます。基本的には外壁や軒天井で雨の侵入を防ぐのですが、2重の対策をとっています。

DSC07440.JPG

契約の時にやめた窓(写真右側)ですが、基礎工事の時に陽当りが良いことを再認識し、復活させました。もちろん、建て主さん了解の元、費用も頂いております。これから夏になると陽の光は出来るだけ遮りたいものですが、半年後にはまた恋しくなるのです。
posted by くま at 00:00| Comment(0) | 建築(宮本の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする