2016年12月13日

構造と屋根(市原のデイケア)

予算を抑えるために特殊な納め方はなく、もう少しゆっくり現場を見ようかと思っていましたが、小さいうえに大工さんの手が早いので週1回のペースで現場に行っています。今回は筋交いや構造金物の確認をして来ました。

金物 (2).JPG

金物 (1).JPG

柱や梁の浮きを抑えるための金物は数種類あり、図面通りの金物が予定通りついているかを確認しました。

軒先の板が雨だれで腐らないよう金属製のキャップを使用してくれていました。瓦の場合は割りと大きく凸するので軒先の木材が濡れにくくなっていますが、コロニアル(人工スレート)の場合は凸が小さいのです。予算がない場合は省くことが多く、小生の家の周りを見てもつけていない住宅は結構見受けられます。ありがたいです。

広小舞の板金.JPG

posted by くま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 市原のデイケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック