2016年12月20日

進み具合(市原のデイケア)

予算がない中でも考えて現場を進めてくれています。サッシの額縁は樹脂を貼ったものだと子供が遊んでいるうちに剥がれてしまいます。当初予定と変更し、集成材を加工して納めてくれました。ベテランの大工さんなので苦はないようです。写真にはありませんが引き戸の鴨居や縦枠も集成材を割いて造ってくれています。

確認 (2).JPG

特殊建築物(児童福祉施設)なので特殊な防火区画も必要です。15mmの石膏ボードで区画の必要があり、天井裏の屋根の下地材まできっちり張り込まなくてはなりません。

確認 (3).JPG

コンセントボックスも鋼製です

コンセントボックス.jpg

細かい部分にお金のかかる現場です
posted by くま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 市原のデイケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック