2017年08月18日

まだ解体(東習志野の家)

まだしばらく解体が進みます。

解体開始 (2).JPG

赤枠で囲んだ短い柱は欄間の真ん中にあった障子の鴨居を吊っていた部材です。昨日の3枚目の写真参照です。これも撤去し、土台から梁を支える1本の柱に交換します。交換後、柱を挟んで半分は障子の開口部に、半分は耐震壁になります。

撤去した部材は庭で90cm程度に短く切り、まとめて縛り、搬出します。結構、地味で気の遠くなる作業ですが、先の作業を考えながら丁寧に解体してゆきます。
posted by くま at 17:00| Comment(0) | 建築(東習志野の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。