2017年08月29日

床仕上げと補強の第一段階(東習志野の家)

解体が完了し床の仕上げ工事と補強工事(第一段階)が始まりました。

水回りの土台 (1)縮小.jpg

水回り・・浴室の出入り口の位置が変わるので新たに基礎をつくり、土台を入れました。シロアリに食われている部分があったので補強し、防蟻剤を塗布し、不要な部分は撤去するなどして補強を進めました。

加えた柱・縮小.jpg

和室で開口幅が3.6mだった部分には中央に柱を(緑色の枠で囲いました)入れました。半分の1.8mを新たな開口部に、残り1.8mは耐震壁にします。

床は一旦撤去し、新たな根太を入れ床レベルの調整をして平にします。根太間には新たに断熱材(赤矢印)を挟んで断熱改修もします。
posted by くま at 14:55| Comment(0) | 建築(東習志野の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。