2018年10月24日

古いもの(佐倉の家)

古い家を解体するとなると様々なものが出てきます。

DSCF0848-1.jpg

イーゼルです。しっかりしたもののようです

DSCF0852-2.jpg

絵の額も。以前、リノベーションした東習志野の家の建て主さんは絵を描き、公民館等に寄贈されるような方です。必要か聞いたところ自分のものを処分している最中だと言いながらも、興味があるので見たいとのこと。近日、写真を届ける予定です。

ちなみに、今日は施工単価を下げるために解体方法を変えようか??と検討するために見てきてもらいました・・
posted by くま at 16:52| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。