2018年11月05日

見積書提出(佐倉の家)

見積書を提出しました。リノベーション工事なので見積もり時の調査も多く、かなり遅れての提出となりました。

事前に提出した一般的な仕様を想定した目標額と比べた場合、一般的な仕様で仕上げると7%の予算オーバー、要望 (防音室・グレードを上げたキッチンなど・・) を全て満たした場合は24%オーバーです。

見積は信頼を第一に考えており、記載する金額は全て『仕入れ価格』と『下職から提出される原価見積もり額』で、施工会社の利益は17%と決めています。例えば、サッシの仕入れ価格はカタログ価格の30%、キッチンは68%、システムバスは60%です。8桁の金額で工事契約をするのだから可能な限り明瞭な見積書を作成します。また、工事の途中で何かやめれば減額され、追加工事があればその分を請求いたしますが、やはり全て原価にて見積もりをして了解を得て作業をするようにしています。

これから1週間程度内容を吟味していただき、見積調整をした後に年内契約、植木の移植をしたいと考えています。


打ち合わせ後、数年前に引き渡した 『臼井の家』 に寄りました。ちょっとした改修工事を依頼されています。現場が近いので効率的に調査できました。数日中に何通りか対策を提案したいと思っています。

posted by くま at 18:44| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。