2018年03月24日

丁寧な説明

1ヶ月ほど前にひどい立ちくらみがあり、心配になり、脳外科に行ってきました。MRを撮り昨日結果を聞きに行きました。少し映像を眺め、脳の血管にも脳自体にも問題はないので大丈夫とのこと・・いくつか質問したもののさらりと答えるだけでスルーされた感じでした。前の患者がちょっと深刻そうだっただけに問題ない小生は軽く見られた感じがい睨めませんでした。そんなのは医療じゃない!と思うのです。

建築の設計でも同じですよね。質問に対しては出来るだけ丁寧に答え、納得してもらって先に進めるようにしているつもりです。できてるかな?

今日は市の健康診断で近所のかかりつけの内科へ。たちくらみの事を話したら首の頚動脈を押さえ狭窄は無いし、あなたの場合これまでの経緯からすると自律神経系でもない、レントゲンを見ると心臓には問題なさそうだし、胸の聴診器を当てて心臓の音などを聞いて・・立ちくらみは誰にでもあるから今のところ心配ないので様子を見てまた気になったら相談してくださいと言ってくれました。ロジカルに説明してくれると納得できます。これが医療ですよね。先端テクノロジーを利用しただけでは完結しません。設計もかく有りたいものです。

 以前勝ったコンペの話。小生の勝因、逆に言うと相手が負けた原因は『あとはプロにお任せ下さい』でした。とことん話し合って決めて行きたかったそうです。『プロにお任せしてください』と言わなかっために大御所のところに設計を依頼し小生は断られたこともありましたので一概にどちらが良いとは言えませんが・・小生はじっくり話を聞いて設計をすすめるべきだと改めて感じました。出来ているかな??
posted by くま at 18:11| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

勉強会

民法改正によって建築に関する契約の何が変わり、どんなことに気をつけなければならないか?そんな講習会がありました。大手町へ!

DSC_0672.JPG

日本銀行の前の桜も咲き始めていました

DSC_0674.2.jpg

講習会は90分・・メモをとっていたらあっという間に終わってしまいました。いろいろと注意点はありました。契約書に記載するべき大切なことも多くありますが・・依頼主の期待に応えることがなんといっても大切なことで、契約書は工事が終わっても見ないで済むようにしなければならないと痛感しました。
posted by くま at 18:29| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

雨漏り

雨漏り・・しっかり施工したつもりが起きてしまうのが雨漏りです・・今回はトップライトと壁が近すぎて手が入りにくい状態だったのが原因でした。シーリングがきちんと出来ていなかったようです。本来は施工会社が責任を負うのですが・・昨年3月に倒産してしまっており小生が責任をもって改修することにしました。雨漏りは格好悪く、恥でもありますが・・正直に掲載することにしました。

今回は今付き合っている会社の仲の良い大工(Sさん親子)に助っ人を頼みました。先ずはサイディングを剥がし、原因の特定。下地もはがしてトップライト以外からの雨漏りがないことを確認し防水テープ(写真に写っている黒いテープ)で補修しました。

1.JPG

今回は再度シールをすることにしましたが以前のシールも相当の効果があるようなので温存することにしました。バックアップ材で縁を切って上から新たにシールをすることにしました。手が入らないのであまり綺麗ではありませんが、しっかり丁寧に埋めてあります。

3.JPG

シール完了後に問題の箇所に雨がかからないよう庇も付けることにしました。更に、その庇周りからの雨漏りを防ぐためにサイディングの下に板金を差し込むことにしました。

2.JPG

庇はこんな感じです。

4.JPG

トップライトの淵は見えませんがシーリング材で堤防を作りました。仮に庇とトップライトの隙間から雨が吹き込んでも庇の手前のガラス面に戻ってくるようにしてあります。前向きに一緒問題解決をしてくれたSさん親子には感謝です。もう大丈夫だと思います。

PS 最後に当然、サイディングも元通りにしてあります

posted by くま at 18:45| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

講習会

1級建築士の定期講習に行ってきました。1ヶ月前に行く予定が体調100%でないとこを理由に引き伸ばした結果・・講習会のあとは大会直前(指導している器械体操の早春大会)のため休めない体操の指導、妻が偏頭痛で寝込んでいるがゆえの夕方の家事など重なりそわそわの1日でした。昼休憩ではスーパーへ行き晩のおかずを買いバッグに詰め込み、パンパンの状態で会場に戻るありさま・・

でも、今回はひとつ収穫がありました!眠い時には靴を脱ぐことで足が冷め、眠気が引くことを発見しました。午後の2時間は快適に講義を聞くことが出来ました。終了考査もたぶん合格で次は3年後です。良い3年間を過ごしたいと思います。皆さんにも良い3年でありますよう!
posted by くま at 00:00| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

へ〜〜

現在設計している案件、ローン等の事情で建築主が建築会社になっています。確認申請をするなかで中間検査を要求されました。一戸建て住宅(2階建)の場合は検査はないはずですが・・分譲住宅で100uを超えているということが理由です。初めて知りました!設計者として28年仕事をしてきましたが、ちょっとした驚きです。知っている人には常識なんですが・・だから、建売住宅は100u(30坪)未満が多いんだ(^O^)

宮本の家は今日から基礎工事開始です。月曜日に様子を見に行きます。担当は三咲の家と同じS屋さんです。ちなみに小生宅もS屋さんです。よろしくお願いします。
posted by くま at 10:11| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

ケンチク・ふらっとのあつまり

設計仲間で定期的に集まり情報交換をしたり街歩きをしています。今回は高根台団地。昭和36年ころの団地です。現在は鉄筋コンクリ-ト造の賃貸マンションや分譲戸建住宅に建て替わっていますが、半数程度、昭和に設計・施工された公団住宅が残っています。

DSC_0621.JPG

長屋形式のメゾネット住宅や5階建ての共同住宅は見ていて興味深いです。以前から知っていてよく歩くのですが、設計仲間と歩くと新たな発見があり面白いです。

例えば棟番号。フラットバーを曲げ加工しています。シンプルで趣があります。空家になっている中を覗くと地面がむき出しになっていて、木造の土台などがあらわになっています。基本構造は鉄筋コンクリ-トでも1階の床組は木造なんです。お隣は寒そうだな・・なんてちょっと心配になりました。

そうこうしているうちに、着工がせまる宮本の家の地盤調査結果と地盤対策の報告書が出てきました。浦安の家の地盤対策の資料も揃い、最終決定をする時期が近づいてきました。
posted by くま at 10:39| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

ノルマ

 昨日、土地探しのお手伝いをしている依頼主のお宅に不動産屋さん(S社)と一緒におじゃましてきました。不動産屋さんも会社の理念ひとつでこんなにも依頼主に寄り添った土地探しができるようになるのか!とあらためて感じてきました。

 以前よくお世話になっていた町の不動産屋さんがいました。ずばり良い土地がすぐに見つかった時は良いのですが、そのようなケースはむしろ希です。普通は何ヶ月かかけて予算と希望にあった土地を探し出してゆきます。回を重ねるごとに紹介件数が減り、1ヶ月後には良い土地がないと半ばあきらめの連絡が来てしまいます。大手は担当にもよるのですが、1人の依頼主に対して、やはり回を重ねると上から圧力がかかるのか動きが悪くなり、こちらから連絡をするのを遠慮するようになってしまいます。利益を上げなくてはならないのでしょう、とことん付き合ってはくれないものでした。最後は依頼主さんの情熱頼りになってしまいます。依頼主と土地探しをしている間に、諦めて不動産屋さんの勧めに応じるままにマンションを買ってしまったケースもあります。『諦めて』の結果に本当に良かったのかと・・

 小生の担当は設計・監理です。設計に至るまでには土地探しが必要な場合が有り、問い合わせの半数は土地探しからお願いできますか?というものです。期待に応えるためには良い不動産屋さんとの共働は必須です。また、設計後にはそれに応えてくれる建設会社が必要で、幸いにも数社との共働にて依頼主の期待に応えられていると思っています。当事務所の仕事を支えてくれている関係者(社)のみなさん、これからもよろしくお願いします。
posted by くま at 11:43| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

実現できる提案

 最近、空き時間に頭の体操を兼ねて建築相談サイトの相談に応えています。真面目に応えています。割りと多いのが事実ではあるけれど、正論で答えるあまり『応え』になっていない例です。あまり偉そうなことは言えませんが・・

 建築条件付きの住まいの付加(バージョンアップ)断熱について・・費用が高いです・・その断熱では問題があります・・正論ではありますが、住宅の場合は『理想』と『掛けられる予算』との間で依頼主も設計者も迷い、その中で実現できる案を提案していきます。建築条件付きの住宅は決められた予算内で購入してもらった人に納得してもらうことを目指しています。必然的に必要十分な仕様にはできないこともあります。それを踏まえた中で実現可能な、現状を出来る範囲で改善させられる回答をしていくことこそ相談者の役割で『応え』方だと思います・・いかがでしょうか?

 小生実家の改修工事も最終段階を迎えました。もっと根本的な性能アップも可能ですが、予算、この建物に住む年月など考慮し妥当な改修をしてきたつもりです。窓ガラスをペアガラスに替えて終了です。寒さが続く中で完了できて良かったです。

DSC_0614.JPG

写真は2階ホールの窓ガラスです。このガラスにヒビが入ったことから今回の改修計画が始まりました。今日は家中のほとんどのガラスをペアガラスに交換しました。これから兄や母にはモニターになってもらい効果を検証してゆきます。
posted by くま at 17:33| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

寒波対策

強力な寒波がやってきました。小生宅はペアガラスの断熱サッシを使用していますが、あまり性能の高いタイプではなく、夜になると窓の近くが寒くなります。以前、ハニカムスクリーンの設置を検討しましたが高価なのと、効果を検証していないという理由で設置を見送ってきました。

ハニカムスクリ-ン.jpg

設置経験者からは効果が確認できていると報告を受けているのですが・・もう今回の寒波には間に合いません。

そこで以前、建築展で使用し現在折りたたんで自宅に保管しているプラダン(ダンボール形状のプラスチック板)を出してきてブラインドを窓の間に立て掛けました。

プラダン.jpg

DSC_0611.JPG

昨晩は小生自宅の温度計で外気温が−2.5度まで下がりましたが家の中は蓄熱式床暖房の助けもあり20度を維持してくれました。ちなみに、プラダン設置前は外気温がマイナスにならない状態でも室温が18.5度くらいまで下がることがありました。かなりの効果があり窓際も寒くはありませんでした。(^O^)

プラダン設置の問題は窓の結露です。プラダンと窓の間の空気が湿気を含んだまま冷やされ、更に冷えている窓のアルミ部分やガラスに結露してしまうのです。ハニカムスクリ-ン使用時もサッシの性能によっては結露が発生するようです。

ちなみに小生自宅サッシの断熱性能3.49w/ukにたいして最近設計する住宅には2.33から1.37w/ukのサッシを採用しています。完成後に窓の交換はできないので予算と相談しながら慎重に選んでいます

posted by くま at 11:42| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

ミーティング(建築)

船橋の設計仲間4人でミーティングをしました。ホームページ参照ですが『ケンチク・ふらっと』の集まりで、今年1年の活動方針を話し合いました。結果は・・

・昨年11月から始めた街歩きを継続。
 新年、初回は新京成線・高根公団駅出発で現在URが管理している団地歩きとなりました。昭和30年代に出来た団地で興味深い共同住宅が残っています

・10月を目処に建築展を開催
 昨年5月の建築展を最後にしばらく展示活動を休止していました。現在、展示のテーマを探しています!

・他、情報交換。建築基準法の解釈など、メンバーが現在関わっている仕事に関する相談を持ち合いその場で解決してゆきます。

ミーティングの後は新年会。一緒に設計をしている女性2人も加わり6人で博多名物を食べました。
posted by くま at 14:39| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

エアコン交換

1月9日に紹介しましたエアコンの交換は本日、完了しました。2台同じような故障をしたこと自体珍しいことで、とにかくご迷惑をお掛けしました。床暖房があったのがせめてもの救いでした。これで大丈夫だと思います。

エアコン交換の際にコンセントに200V(200V対応のエアコンでなので)の電圧がかかっているのか?どうしても確認したくテスター持参で現場に行きました。

DSC_0585.JPG

250Vレンジにセットされてるので200Vということになります。写真が小さく申し訳ありません・・一応安心しました。

PS 200V対応エアコンに100Vしか供給されていない場合はエラーランプが点灯し動かないそうです。念のため
posted by くま at 17:37| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

ひらめき

 床屋さんに行きました。息子さん夫婦との同居を想定した家を建てる予定だそうで、1年くらい前からいろいろ 『設備や仕上げ、地盤のことから計画について』 相談を受けています。今日は案を見せてくれました。アドバイスが欲しいとのことでしたが、そもそも案というのは色々と理由があり出来上がったもので、無責任に意見するものではありませんし、悪くない案なので特別な意見は言えませんでした。

 そもそも小生の案の造り方は、敷地図にマス目をかき『ゴニョゴニョ』と意味のある壁の線を描きながらチラチラ思いつく意味のあまり無い線を描いてゆきます。この『チラチラ思いつくあまり意味のない線』とはいわゆる『ヒラメキ』によるものです。『ヒラメキ』は『経験によるもの』なので少しづつ意味のある線となり、最終的には案となります。30分でいい案が出来ることもあり、1日かけてもいい案ができずとりあえず作図を開始した時点でひらめくこともあります。

 いつか正式に依頼された場合は断片的な助言ではなく責任をもって提案させていただきますが・・いろいろはハウスメーカーをハシゴすると明言しているので小生への依頼は無いと確信しています。今回もアドバイス料として300円値引きしてくれました。今日は何を相談されるかな??と密かな楽しみともなっています。

 
posted by くま at 19:01| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

バリアフリー工事

実家の玄関のバリアフリー工事が完了しました。汚れにくい色のタイルで、玄関扉の下にあった3cmの段差を解消しました。既存のタイルの上に下地をつくり、直接貼り付けるというローコスト方式です。

DSC_0113.JPG

プチ耐震、断熱改修のついでに進めています。
このあと最終、本丸であるガラスの交換です。効果を見ながら少しづつ進めるつもりです。
posted by くま at 16:54| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

エアコン交換

引き渡して1年ちょっとの住宅・・エアコンが故障を繰り返していました。数回の修理をしてのですがやはりうまくいきません。複雑なシステムのエアコン(ガスエンジンで動き、数台の屋内機がつながっているなど・・)であればともかく住宅用の1対1のエアコンです。工務店と設置したエアコン屋さん、メーカーの協力で交換することになりました。

交換まで不自由の無いよう、明日再度修理です。何度もご迷惑おかけします。
posted by くま at 17:46| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

洗浄

外壁の汚れ対策は設計者としてとても気になることです。庇を出して雨があたりにくくすることが一番の対策なのですが、デザインや計画上の理由で庇が付けられない場合があります。

小生宅の場合は屋上がある部分の壁の東側にコケが発生してしまいます。南側は日あたりがよくコケは発生しません。北側も夏は雨が当たりにくくやはりコケは発生しません。

2年前に塗装屋さんに依頼して高圧洗浄と防水処理をしてもらったので春までは綺麗だったのですが、今年の夏から秋にかけての長雨(今年は特に雨が多かったですね)によってこのようになっていまいました。赤く囲った部分は特に汚れがひどい部分です。(左上の濡れた部分はコケ取り剤を試し吹きしたあとです)

DSC_0435-1.jpg

今後の設計にも役立てたいと考え、この度、コケ取り剤を購入しました。

DSC_0067.JPG

50分かけて壁一面に噴霧しました。

DSC_0078-1.jpg

乞うご期待・・

posted by くま at 16:34| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

紹介

今年は以前手がけたOB客の身内からの依頼が多く本当にありがたいです。

3年前に住宅の依頼をしてくれた若夫婦の『おじいちゃんとおばあちゃん』の家の耐震改修と断熱改修工事。耐震性は従前の1.7倍程度向上し、倒壊しないレベルに引き上げることができ、断熱性のない住まいが暖かい住まいとなりました。もちろん、通常の倍くらいの費用がかかりましたが命の安全と生活の向上が期待できます。

独立して間もない頃から2度リフォームを依頼してくれた友人のお母さんの住まい・・細かいリフォームよりも耐震改修が必要だと静かに訴えてきたのですが、この度耐震改修・断熱改修・浴室の改修を行うことになりました。2月に行った調査で評点が0.3(倒壊する)だったものを1.5(倒壊しない)まで引き上げる工事を行うと共に、床、壁、天井を撤去し断熱材を充填することで断熱改修も行います。もちろん、改修部分は綺麗になります。床の間のある和室が要望のとおりジャパニーズモダンな部屋に変身します。近く、工事契約し着工の予定ですが、大工さんの手配が遅れそうでそれだけが気になっております・・

10年前に事務所兼自宅の依頼をしてくれた若夫婦のお母さんとお姉さん夫婦の住まいを設計しています。10年経つと色々なことが変わっています。若夫婦のお子さんは兄弟で空手に夢中だそうです!建築してくれた工務店は残念なことに倒産してしまいました(なんとか別の形で復活してもらいたいと密かに願っています)が・・携わってくれた鳶さん、大工さん・・ペンキ屋さん・建具屋さんとは今でも付き合いが続いており、それが財産でもあり、OBの依頼主さんが身内を紹介してくれるような仕事が出来ているという自分もちょっと誇らしいです(プチ自慢)
posted by くま at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

花・建築展

今週の木曜日から日曜日までの4日間、船橋の市民ギャラリーにて建築展を開催します。興味のある方は こちら を参照してください。

14359157_636735733170571_3950009724092973434_n.jpg

上のはがき・・日付は前回のものですが・・ぜひお越しください

小生宅の庭先の草花も満開です。
房総の花屋さんでもらってきたオキザリス

花 (1).JPG

昨年は元気がなかった玄関先のミツバツツジ

花 (2).JPG

繁殖力が強いハナニラは建て替え前に生えていたものを移植したものです。クローバーには4ツ葉の株があり、簡単に見つかるので欲しい人はどうぞ・・ムスカリはハナニラに圧倒され数を減らしています。今はヒメシャラの足元にだけひっそりと生えています。

花 (3).JPG
posted by くま at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

耐震改修

たて続けに耐震改修の依頼を受け、引き受けてくれる施工会社探しに奔走中・・どちらもOBの身内の住まいです。期待に応えられるよう提案をするつもりです。

耐震改修は新築と違い、実際に工事をしてみないと分からないことがあり、大工さんも監督さんも、ついでに設計者も結構掛かり切りになる・・ほか、丁寧な作業が必要となるのでどの工務店でも良いわけではなく、信頼できる会社、監督がいなくてはなりません。先に引き受けた建物はD工務店に決まり、来週見積提出の予定です。今日、正式に耐震改修の依頼を受けた建物は直ぐに引き受けられる会社がありません。今は年度末の忙しさを引きずり何処も忙しいのです・・

posted by くま at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

近所の現場

仕事場から見えるところで住宅の工事をしています。建売住宅のようですが、どんな家が建つの、どんな工事をしているのか、プロとして細かいところが気になり観察しています。

 いま気になっていること。着工して3週間・・一日中見ているわけではないのですが、現場監督を見たことがありません。小生の現場では監督は毎日ではありませんが、一旦現場に来ると何時間も居て工事の確認や時には道路の掃除なんかしています。それが当たり前だと思っているので現場の前がいつも汚いのが気になります。梱包用に紐が落ちていても平気で昼食を食べている屋根屋さん・・家のごみ捨てのついでに小生が梱包用の紐を数本拾って捨てました。道路際に荷揚機 (はしごにリフトがついているもの) が建てっぱなしなのも気になります・・子供が多いので。

目に見えないことにも費用がかかるものです。監督があまり来ない現場でも掃除や安全管理くらいはしっかりしてもしいものです・・

posted by くま at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

調査

耐震改修と断熱改修を同時に行います。ツーバイフォー工法の建物(部材のサイズが違うので正式には枠組壁工法といいます)です。これまで何度かリフォームしてきているのですが、その際に耐震壁が撤去されてしまい耐震性が損なわれています。断熱材も充填されていないので冬の寒さが厳しいようです。図面検討が完了し、2回目の現地調査を行いました。今回は耐震壁の設置方法の検討と、床下の状況確認です。今月中に見積を終える予定です。

DSC_0152.JPG

1階はスケルトン(構造部分を残し撤去してしまいます)にして断熱材を充填し、床暖房の設置後に耐震壁を付け直します。工事前の倍の強度になります。
posted by くま at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする