2019年05月10日

相談

設計事務所に勤務して始めて担当させていただいた住宅のオーナーさんに相談があると言われてお邪魔してきました。泣きながら図面を描き、完成した時には涙がにじんできた思い出の住宅です。昨日図面を見返したら細かいところまでよく描かれていて我ながら感心しました。

DSC08472.JPG

玄関ホールの吹抜けには四半円のステンレス製窓があり、屋上に出るための通路の手すりはステンレス製で写真では分かりにくいのですが特殊な発色方法を用いたカラーステンレスも用いられています。

DSC08467.JPG

アプローチの植木は竣工当時のままで木が26年をかけて成長し趣を増していました。写真右端はショーウインドウを兼ねたゲスト用の入口ですが、軒下の三和土(タタキ)も踏みならされ良い感じになっていました。

手入れ良く使っていただき嬉しい限りです。

本題のリフォームについて・・障子の桟が茶色になってきたり、ナラの格子戸がやはり茶色になってきており、手入れの必要があるかということでしたが・・アメ色に変色しており、趣を増しただけと説明しました。もちろん洗浄はできますが、お金をかけて行う必要はなく・・あーそうなんだ!と安心していただきました。

耐震性・断熱性・設備のエコ度などについては26年前の仕様なので若干問題がありますが状況を理解いただき、これからじっくりと、今後のことも含めて考えてみるということでした。2時間ばかりお互いの近況報告と思い出話をさせていただいて帰ってきました。
posted by くま at 18:24| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

連絡

勤めていたとき、最初に設計と監理を担当させてもらった住宅のオーナーさんから電話がありました。引退したのでリフォームを考えているということでした。

所長や先輩に怒られたり、励まされながら完成させた想い出深い住宅です。事務所は解散しているので担当した小生に相談してきたのだと思います。

事務所を退職したあとも奥さんの書道展に招待して頂いたりと交流が続いていたのですが、ご主人に会うのは20年以上ぶりとなります。連休明けに伺う約束をしました。楽しみです。
posted by くま at 11:04| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

オ-プンハウス

35-2.jpg

オープンハウスを企画しました。実際に人が住んでいるリアルな住宅です。4月27日(土)・28日(日)いずれも10時から、一日ひと組としています。詳しくはホームページに掲載しています。興味のある方はお越しください
posted by くま at 11:45| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

建築展

建築展.jpg

5月30日(金)から6月2日(日)まで船橋市市民ギャラリーにて設計仲間と建築展を開催します。

昨年は休みましたので2年ぶりとなります。今回のテーマは『レシピ』です。設計者が家づくりをする時に、何を大切にし、悩み、決断しながら設計するのかをレシピとして紹介します。

ホームページにも紹介ページを掲載しています。ぜひお越しください
posted by くま at 14:25| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

契約・調査

3年前に引き渡した住宅のガレージ庇に樋を設置することに。今日は工事契約に行ってきました。久しぶりに子供たちにも会いましたが成長が早いです。1歳児が4歳になると全くの別人です。人懐こくよく話をしてくれる子でした。契約と一緒に樋の納め方の確認もしました。今月末には板金屋さんと最終的な納め方の確認をして工事にかかる予定です。昨年の台風の修繕工事が今でも残っている中での新築やメンテナンス・・板金屋さんや屋根屋さんは大変です。
posted by くま at 18:22| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

滑るので・・

床のオイルが滑って危ないのですがどうにもなりません・・説明書には滑らないので階段にも使えると書いてあります。メーカーというか日本での取扱店に問い合わせしましたが説明書に書いてあることを繰り返すだけ・・攪拌が足りなかったのかと考え、よく混ぜて再度塗ってきました

DSC_1079.JPG

さあ、どうなるか・・期待薄です・・
posted by くま at 22:33| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

10mのメジャー

敷地の調査に行ってきました。道路幅員や敷地の高さなどを測るためのメジャーを持参。巻き取り式の30mのメジャーもあるのですが、今回は道路幅員だけ確認できれば良いので10mです。

DSC_1080.JPG

写真右は普段現場に持ち歩く5.5mで左が10mです。重くて必要のある時にしか出してきませんが長さの割にコンパトなので重宝しています。

現地調査のあとは船橋市役所。用を済ませてからある課にいる友人の顔を見ようと寄ってみたら何やら深刻そう・・会うのは次回にして帰ってきました。
posted by くま at 14:40| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

メンテナンス

自宅のドアホンのカメラ映像が見えにくくなったと家族から通報があり・・

DSC_1063.JPG

ドアホンのカメラを覆うカバーを見たら黄ばんでいました。紫外線やホコリで汚れたようです

DSC_1059.JPG

ホームセンターで車のヘットライトカバーの研磨剤を買って来て磨きました。こすること15秒

DSC_1066.JPG

キレイになりました・・結果も良好!

DSC_1062.JPG

見違える程です!(^O^)
posted by くま at 16:03| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

忘年会・来年の建築展の打ち合わせ

船橋の設計仲間と来年開催となっている建築展の打ち合わせをしました。テーマが決まれば展示内容も決まるのですが、毎回テーが決まるまでにかなりの時間がかかります・・

打ち合わせ後は忘年会。鳥料理やさんで開催。担当の田端氏が近所のおいしい店をとるつもりで電話するも忘年会時期真最中ということもありどこも断られ諦めかけた時に客引きに呼び止められ、予約したお店でした・・・

新年は銭湯に集合し打ち合わせの続きをする予定です
posted by くま at 18:14| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

縁起物

毎年、西新井大師に縁起物の熊手を買いに行きます。

今年気がついたのですが、お店の天井に毎年来るお得意さんの名前が並んでいて、『豊田和久建築工房』の札もありました

DSC_0989-1.jpg

去年と同じくらいの大きさの熊手にしてご祝儀は1,000円多い9,000円収めてきました


DSC_0990-1.jpg

お参りし、家族の健康を祈願し、草団子と大師煎餅を買って帰ってきました

来年1年、良い年でありますよう!
posted by くま at 13:55| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

変わっていくもの・・変わらないもの

数年前の都市計画法の改正で市街化調整区域にも建物が建てやすくなり、小生の実家付近の農地がどんどん住宅地になってゆきます・・親子で農家を続け農地を広げている人もいるのですが、相続で手放す人も多く結果的に農地が宅地になっていくのが現実のよう・・空き地、空家対策が急がれているのだから既存の住宅地を更新していけば良いのです。宅地が広がることでインフラ整備も際限なく広がってゆきます。既存のインフラのメンテナンスにも莫大な費用が掛かり、水道の管理は民間に委託される方向に進んでいます。政治主導は期待できそうになく、子や孫世代に負の遺産が残りそう。

DSC_0985.JPG

実家寺の境内掃除、午前中のいい運動になっています。高校生の頃、将来寺の周りはどんどん変わり、住宅地に寺だけがポツンと残るようになると寺の世話人さんが言っていましたが、現実となりつつあることに寂しさを感じます。せめて境内はキレイにしようと掃除に励みます

DSC_0987.JPG
posted by くま at 16:59| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

お別れ会

独立するまでに世話になった2つ目の事務所の所長が亡くなり、今日お別れ会に行ってきました

修行時代は辛いことの方が多く、辞める時には険悪になったものの・・忘年会や還暦のお祝いなどには呼んでもらい元気にやっていることなど喜んでもらいました。

今日は一緒に仕事をしてた所長の長女、奥さんにも久しぶりに会い挨拶もでき、ちょっと泣いちゃったりもしました。多くの先輩・卒業生たち?が集まりこれからも頑張ろうと話をしてきました。。
posted by くま at 14:17| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

師走

11月19日に紹介しました船橋の家の樋工事。方針が決まり、塗装工事も追加して契約書を作るよう工事を担当したD工務店に依頼しました。

師走は実家の境内の掃除もあり、なんとなくソワソワします。

DSC_0982.JPG

朝9時30分から11時30分までの2時間、先ずはヤマボウシとサルスベリの足元の草取りをしました。冬なのに雑草が生えてきます。風が強く、掃き掃除は年末の3日間で仕上げようと思っています

DSC_0983.JPG
posted by くま at 17:23| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

長期優良住宅の点検

5年前に引き渡した住宅の長期優良住宅の定期点検をしてきました

DSC_0984.JPG

屋根・・思った以上に午後からの日当たりが悪い面が汚れていました。汚れているだけなので大きな問題ではありませんが、次回10年目の点検では掃除して塗装したほうが良いかもしれません

DSC_0996.JPG

床下は毎年シロアリ点検をしているので問題はありません。点検項目にある構造部分については現しになっている梁が多く直接目視できるのが良いです。
posted by くま at 12:32| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

床掃除を終え

床掃除を終えたので建築事例用に写真を撮り直しました。

DSC_1857-1.jpg

ベランダの様子も分かるよう、夕方薄暗くなってきてからの撮影

DSC_1744-1.jpg

窓きわのカウンターに座っての撮影

目で見た通りの雰囲気を出すのは難しいものです・・
posted by くま at 17:09| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

床の手入れ完了

床の手入れを終えました

床に塗るオイルが床以外につかないように夜のうちにマスキングテープを巾木や柱の下に貼っておきました。家族が出かけてから窓を開け扇風機を回しました。

DSC_1687.JPG

時間がかかるかと思いましたが半分ちょっとまで塗るのに1時間半程度でした。固形オイル1リットルで25u塗れると書いてありましたが、その20分の1くらいの量で25uを塗り終えました・・キレイに、ムラなく塗れています

DSC_1690.JPG

塗り終えてからは乾拭きです。膝下にも雑巾を置き、3度乾拭きしました。思ったより早く完了。3時間ですが腕が、手首がだるくなりました。塗装屋さんてすごいな!と改めて思う次第です

DSC_1693.JPG

しばらく窓を全開し換気をしましたが、夕方寒くなる前に家具を戻しました。キレイになったので部屋の写真も撮り直しました!

DSC_1701-1.jpg

気持ち良いです!
posted by くま at 18:56| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

家を温めるシステム

知人の事務所が設計監理している現場が近くにあり見せてもらいに行きました。

DSC_0967.JPG

断熱性を高めて床と一緒に家全体を温めるシステムです。具体的には床下にエアコンを設置して銀色の水パックと一緒に床下全体を温めるというものです。水パックは一度温まると長時間熱を蓄えるので室温や床の温度の変化を緩やかにしてくれる効果があります。温めるシステムはエアコンなのでエネルギー効率もかなり良いはずです。

小生宅も深夜電力で床の蓄熱体を温めるシステムを採用しています。床の温度は設定でき、冬の寒い日は早朝の一番床が暖かい時間帯に床の温度が27度くらいになるよう設定すると、雪の降る日でも室温は20度以上を保ってくれます。床の下の蓄熱帯を直接電気ヒーターで温めるので瞬発力もありますが、ちょっと電気を食うのが難点です。

エアコンを使うシステムは1階床の色々なところから温風が出てくるため床の温度はそう高くなくても家中がほんのり暖かいのが良いでよね。どちらも一長一短あり。機会があれば採用したいと思い資料は揃えているのですが、なかなか採用に至りません。良い機会なので近日、体験施設に行ってこようかと思っています。
posted by くま at 16:07| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

試し塗り

曇りの予定が晴れてきたところに天然系のワックスが届きました。試しに洗面だけ塗ってみました。正直、古いオイルを取り終えた何も塗っていない床も気に入っていたのですが、やはり水が垂れた痕が残るのが問題です・・

DSC_0965.JPG

狭い部屋ですが30分程度かかってしまいました。

DSC_0966.JPG

巾木や洗濯機パンに付かないようマスキングテープを貼り、雑巾で丁寧に塗り込み、少し置いてから乾拭きします。薄い柑橘系の匂いですが、嫌がる家族がいるので扇風機を使って換気しました。

いい色になりました。やはりこちらのほうが良いですね!

DSC_0968.JPG

ワックスを塗りながら昼と晩のおかずを・・チャーシュー?母親が作っていたやり方でたまに作るのですが、ご飯のおかずにぴったりです。今回は豚ロースも使ってみました・・
posted by くま at 16:47| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

床磨き

床磨きは1週間前に完了しているのですが、床用オイルが届かないまま10日間過ぎてゆきました・・最初にネットで注文した会社は対応が悪すぎキャンセルの電話をしたところ、以前仲間の事務所に出入りしていた会社が運営していることが判明。営業の評判が悪い会社でした・・分かっていれば注文しなかったのですが、ネット販売は別の名前だったので気がつけませんでした・・木曜日に他の会社に頼みなおしたところ今日、無事到着

DSC_0937.JPG

天気も一瞬回復しましたが、一日中晴れる日に作業し、よく風を通さなくてはなりません。今週は天気の良い日がなさそうです・・・
posted by くま at 18:22| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

良い絵や写真はないか・・・

耐震性の高い住宅を建築するためには経験だけではなく力学的、工学的な根拠に基づく構造設計をする必要があります。もちろん、現場での経験も必要ですが、一棟毎に実験して安全性を高めることは出来ないので実験をもとに導き出された構造設計法を用いる方が信頼性が高いですよね!当方では簡易的な構造チェックでも良いとされる2階建ての木造住宅においても3階建てや鉄骨造に用いられる許容応力度設計を用いています。簡単にいうと次のような検討をして安全性を確かめるのです

1・建物自体の重さ(人や家具、屋根部材や積雪など)を計算し、その重さに耐えることができるか、そこにかかる力(台風など風の力・地震の力)に耐えることができるか、そしてそれらの力によって起こる建物の変形に対して安全かを構造計算によって確かめます。

2・1本ずつの柱や梁、それらの接合部についてもそこに加わる力を解析し、その力に耐えうる部材の強度と接合方法(接合金物)を決めます。

3・地震の際、建物の重さの中心である『重心』と堅さの中心である『剛心』が近くなるように設計することで建物がねじれにくくします。

とは言っても小生は構造設計の専門家ではありません。小生自身が構造図面を描いたあとは構造設計の専門家にバトンタッチします。計算結果に基づき構造図の修正も行い最終的な工学的根拠に基づく構造図面が完成します。

このことをホームページにも紹介しようと現在新たなページを準備しています。今、使用する写真を一生懸命探しています・・・
posted by くま at 22:41| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする