2018年12月17日

製本(佐倉の家)

工事契約を控え、工事監理用に図面を製本しました。普通の製本表紙はつまらない青い紙なのでいつもひいきにしていた劇団のチラシを使います

DSC_0990.JPG

水曜日に工事契約。新年16日ころから解体が始まります。一部残すため大工さんと解体屋さんの協働という部分もあります。
posted by くま at 18:41| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

工事契約(佐倉の家)

最終見積もりを提出し、了解をいただき工事契約をすることになりました。工事担当はD工務店です。小生のリノベーションをここ2年で3件担当してもらうことになります。新築であれば特に問題はないのですが、リノベーションの場合は臨機応変にかつ、予算への影響を最大限抑えながら進める必要があり、息の合った工務店、大工さん、監督さんとの協働が欠かせません。

14c23a87151ad6f6da1ab37cabe1ea34_s.jpg

今週中に契約書などをまとめ、来週水曜日に工事契約、年明けから植木の移植、既存建物の解体と忙しくなります
posted by くま at 19:13| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

仕様見直し(佐倉の家)

新築設計の時にはプランニングが完了した時点で1回目の詳細見積もりをします。そこで目標予算に収まるよう仕様調整をしてから実施設計をするので2度目の本見積の際には若干の予算オーバーがあっても想定内に収まっています。一般的にはプランニング後に予備的な詳細見積もりをすることは無いのですが、当方ではいろいろなことを真剣に決めたあとで建て主さんが予算オーバーによってがっかりすることのないようずっとこの方法を採用しています・・・しかし

リノベーションの場合は設計と施工会社による現場調査をしながらの設計となるため2度の見積ができず、はじめから詳細設計をして、完了後にはいきなり詳細見積もりをすることになります。一応予算コントロールをしながら設計をするのですが、キッチンを始めいろいろなものを『とりあえず希望通り』の仕様で進めていくことで工事費を予算内で収めることは困難です。

ac6c4257c8df6c769cd5b18e69dd1ed4_s.jpg

1回目の見積では想定内に予算が収まらず、家具の造り方や素材、外壁の素材・・などの見直しで1割ちょっとの減額が出来ました。まだ減額の余地はありますが、小生も建て主さんが大切に思う部分、こだわりのある部分はそのままにしたいと考えています。

今週末検討していただくことにしています
posted by くま at 18:41| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

質疑(佐倉の家)

仕様の見直にともなう見積もりの修正をしてもらっています。D工務店も大小様々な仕事を抱えていて忙しいようで時間がかかっていますが昨晩、質疑が送られてきました。

質疑.jpg

A4で7枚・・今回変更している家具について。進捗状況を聞きたくて電話をしたら板金屋さんと一緒にかなり前の台風による被害の改修工事をしているようです・・・当方も先日紹介した庇に樋をつける工事を抱えています。同じ板金屋さんに依頼しています・・・・こちらも時間がかかりそうです・・・
posted by くま at 11:34| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

再度ショールームへ(佐倉の家)

工事費全体の見積額をスリムにするためにキッチンの見直しもすることにしました。今日はショールームへ

無駄な機能を整理し、本当に必要な機能とちょっとした楽しみを残した仕様でキッチン・浴室・洗面化粧台の図面作成と見積もりをお願いしてきました。

施工会社に見積もりを依頼した後でも『ちょっとこうしたい』が出てくるものです。しかし、それを見積に反映させようと逐一施工会社に変更を求めていては余計な時間がかかること以上にミスが生じます。ミスを防ぐために変更リストだけを作っておき、図面修正と変更見積の依頼は初回の見積額を確認した後にまとめて行います。今日はまとめて行った図面の修正も確認していただきました。ショールームの隅を借りて45分程度・・・ショールームのスタッフの皆さん、ありがとうございます。明日、施工会社であるD社に図面を送付します。今月中に変更額をまとめ来月工事契約と植木の仮植をしたいと考えています。
posted by くま at 20:02| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

見積書提出(佐倉の家)

見積書を提出しました。リノベーション工事なので見積もり時の調査も多く、かなり遅れての提出となりました。

事前に提出した一般的な仕様を想定した目標額と比べた場合、一般的な仕様で仕上げると7%の予算オーバー、要望 (防音室・グレードを上げたキッチンなど・・) を全て満たした場合は24%オーバーです。

見積は信頼を第一に考えており、記載する金額は全て『仕入れ価格』と『下職から提出される原価見積もり額』で、施工会社の利益は17%と決めています。例えば、サッシの仕入れ価格はカタログ価格の30%、キッチンは68%、システムバスは60%です。8桁の金額で工事契約をするのだから可能な限り明瞭な見積書を作成します。また、工事の途中で何かやめれば減額され、追加工事があればその分を請求いたしますが、やはり全て原価にて見積もりをして了解を得て作業をするようにしています。

これから1週間程度内容を吟味していただき、見積調整をした後に年内契約、植木の移植をしたいと考えています。


打ち合わせ後、数年前に引き渡した 『臼井の家』 に寄りました。ちょっとした改修工事を依頼されています。現場が近いので効率的に調査できました。数日中に何通りか対策を提案したいと思っています。

posted by くま at 18:44| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

古いもの(佐倉の家)

古い家を解体するとなると様々なものが出てきます。

DSCF0848-1.jpg

イーゼルです。しっかりしたもののようです

DSCF0852-2.jpg

絵の額も。以前、リノベーションした東習志野の家の建て主さんは絵を描き、公民館等に寄贈されるような方です。必要か聞いたところ自分のものを処分している最中だと言いながらも、興味があるので見たいとのこと。近日、写真を届ける予定です。

ちなみに、今日は施工単価を下げるために解体方法を変えようか??と検討するために見てきてもらいました・・
posted by くま at 16:52| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

見積もり(佐倉の家)

浦安の家、細かいリフォーム等が重なっているようで見積に時間がかかっています。調査を省き、予備費ばかり多くなってしまうよりは丁寧に見積もって余分な費用が抑えられたほうが良いし、依頼主さんも理解してくれているので待っています。

DSCF0758.JPG

先日、植木の仮植の打ち合わせをしてきました。伐採する木も何本かありますが、解体で邪魔になってしまう木の多くは裏庭に植え替え、竣工の際に新たに造園計画をして戻す予定です。更地の新築には無い工程です。古い家なので大きく育ったツツジなど価値のある木が多くあります。

そういえば近所の団地の一角に大きな百日紅(サルスベリ)があります。立派なので数十万円するのでは?
posted by くま at 22:37| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

見積(佐倉の家)

リノベーションの見積もりは時間がかかります。設計者と工事者がおのおのの目で問題を見つけ出し、工事の計画をする必要があります。問題点はあらかじめ整理し、見積もりをしないと工事の質に影響してしまいます。今日は植木屋さんと板金屋さんに現場に来てもらいました。


DSC_0817.JPG

費用を抑えるために屋根はとりあえず錆止の塗装をするだけにしました。工事のときに端の方だけはがすので、その時に下地を確認し、問題があれば建て主さんにも確認していただき、見積もりを提出した上で追加の工事をする方針で了解を得ました。

植木も先ずは解体に先立ち11月末までに敷地内に移植してもらうことになりました。完成後の植え替えについては工事中に家の中からの眺めや道路からの見え方を検討しながら提案し、見積もりを提出した後に決定することになりました。
posted by くま at 18:48| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

詳細図(佐倉の家)

見積もを開始しましたが、詳細図を描き終えていないので図面作成の作業をしています。

先週末は現場のあとに練習、大会のあとに練習と暑いところにずっといました。一転して今日はゆるく冷房が効いている事務室で仕事をしているので体が楽です。大工さんは大変だなぁと感謝の念が湧いてきます
posted by くま at 12:23| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

見積もり(佐倉の家)

リノベーションの設計が完了しました。着工は大工さんの手配の関係で年明けとなりますが見積もりを開始しました。

DSC07818.JPG

DSC07826.JPG

今ではあまり見なくなった貴重な柄や模様のガラスがあります。希望により再利用するのですが、建具屋さんにどの建具で使えるか確認してもらいました。大きな框扉や小窓、間仕切りの開口部に使う予定です。

DSC07829.JPG

取手もあります。古いものですが、丈夫に作られているのできっと再利用できると思います。見積もりは9月半ばを目標に進めることになりました。新築工事と違い見積もり中も何度か調査する必要が有り時間がかかります。

解体の見積が出たところで植木屋さんにも入ってもらい移植などの打ち合わせをする予定です。
posted by くま at 16:58| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

サンプル(佐倉の家)

今回は小生が使ったことがないアメリカンチェリーとクルミのフローリングの使用を検討しています。その場合の造作や建具に何を使うか検討するために I 建具屋さんに見本を取り寄せてもらいました。

DSC_0727.JPG

左から米松・ウォ-ルナット・タモ・ナラです。同じ色にはなりませんので表情が似ているものを染色して使うかもしれません。流通していない材料では工事費が高くなってしまうので思案中です。

大きは見本だったので丸鋸で切りそろえて端に松オイルを塗りました。水曜日に打ち合わせ予定です。
posted by くま at 16:56| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

ショ-ル-ム(佐倉の家)

年明け頃から調査・計画を始めている『佐倉の家』・・築年数は小生と同じくらい??です。布基礎ですが地盤もよく、耐震補強・断熱改修を含むリフォーム計画を進めています。平面計画はほぼまとまり、家具や内装、キッチンなどの設備機器の検討も始めています。今日はキッチンのショールームへ行きました。10日後、展開図を持ってお邪魔し、残したい和室の造作材の寸法を確認することにしています。耐震補強を伴う工事なので施工会社はもうすでに決めています。順番待ちで工事はまだ先ですが、出来ることをコツコツすすめることにしています。
posted by くま at 22:36| Comment(0) | 建築(佐倉の家) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする